中伊豆陶房

山口広海
山口広海

大学で化学を専攻。十年ほど化学会社研究室勤務の後中伊豆にて築窯。辰砂釉を中心とした釉薬の研究、その他焼締めや銀彩 などの上絵付の作品も手掛け創作の幅を広げている。毎年各地で個展を開き、作品の発表を精力的にこなしている。
作品は日常的に使うコーヒーカップや湯呑、マグカップなどの食器から、彫刻作品を思わせる花器、オブジェなど多彩 。最近は、水彩、パステル、油彩などの絵画の制作も行い作品発表をしている。この絵の線が陶器にも生かされている。

以下の本・雑誌に山口廣海と中伊豆陶房(中伊豆窯)が紹介されています。御覧ください。
昭文社『上選の旅 伊豆』
スターツ出版『近場の楽園 伊豆箱根』
その他多数